PLDD治療法でヘルニアが改善【負担の少ない日帰り手術】

医者

腹膜が癌に侵される疾患

先生

癌性腹膜炎は、癌が発症している他器官の癌細胞が腹膜に転移して起こる疾患です。主な症状が腹痛、呼吸困難、栄養失調などです。また腸閉塞や尿管閉塞が併発することもあります。癌性腹膜炎は治療が大変困難とされており、発症した場合には他器官の癌がかなり進行しており、体内に癌細胞が分散していることを意味します。

詳しく見る

ヘルニアの新しい治療法

医者

認知は低いが負担は少ない

椎間板ヘルニアは症状が重くなると日常生活もままならない状態になります。そのような状態になると一刻も早く手術が必要な状態です。椎間板ヘルニアの治療法は手術が一番ですが、入院生活を余儀なくされることで生活面に負担をかけることも少なくありません。そこでPLDD治療法が注目を集めています。PLDD治療法は、体に負担が少なく、傷口もほとんど残らず、そして何より日帰り手術が可能な点がメリットです。患者の体や精神的な負担を軽くさせることができるため、注目されつつあります。しかしPLDD治療法はすべての患者に適用できるわけではないため、認知度がにくくどこの病院でも行っているというわけではありません。また医師の技術も必要な治療です。

医師に熟練の技術が必要

PLDDが人気なのは、日帰りで治療をすることができることです。レーザーを用い組織蒸散という方法で治療を行いますが、椎間板ヘルニアで椎間板が押し出されてしまっている状態を元に戻すために椎間板に針を刺しそこにレーザーを放出させる治療法です。椎間板の中にできた小さな空洞が自然に委縮しもとに戻る力を利用して椎間板を正常な状態に治すのが特徴です。しかしそのレーザーの照射タイミングや量などは経験が必要で、専門医でも長年の経験が必要な治療法です。熟練の医師によって施される治療法ですが、患者にとっては痛みもほとんどなく手術と比較すると恵まれた治療法となります。PLDDは手術の不安などから解放されるだけでなく、体への負担も軽い治療法なのです。

呼吸でコントロール

病棟

意識で調節するのが困難な自律神経の機能に、異常をきたしたものを、自律神経失調症と呼んでいます。したがって自律神経失調症を患うと、自分でコントロールして治すのが難しいので注意が必要です。このような自律神経失調症に対して、人気が高いのが、呼吸を重視するヨガ体操です。

詳しく見る

女性に要注意な病気

鬱病

乳がんは数あるがんの中でも急激に増えてきており、多くの女性が気をつけなければいけない病気です。食生活や出産に関係してくる原因から、将来的にはさらなる増加が予想される深刻な事態となっているのです。乳がんは早期に発見されることで完治の可能性も高いので、検診を受けていくことでリスクを減らしてくれます。

詳しく見る